ハイパースキン脱毛ですが、今までの光脱毛やレーザー脱毛とは原理が異なります。
光脱毛やレーザー脱毛は、光(もしくはレーザー)を当て、毛の元となる毛乳頭を熱によって焼き、破壊します。
施術は毛の周期に合わせて行います。毛が生えてくるタイミングで施術を行うのです。
レーザーや光は黒い色素(メラニン)に反応しますので日焼けや色素沈着(シミなど)している部分には施術することができません。

ハイパースキン脱毛は、これまでの脱毛であった不安要素を取り除いた脱毛法といえます。
毛の周期に合わせて行うのは変わらないのですがハイパースキン脱毛は、毛の休止期間に行います。
参考:http://www.e-kuchikomi.info/datsumo/thread-16116.html


レーザーや光脱毛は毛乳頭を焼き、破壊すると書きましたがハイパースキン脱毛は違います。
毛が生えてくる前の、作るタイミングをとらえ、特殊な光を当てます。
わかりやすくいうと、目が生えてくる前の種のタイミングで光を当てるのです。
それによって発毛因子の分裂が減ります。
毛が作りだされるのはこの分裂によってということがわかっているので、この分裂を減らすことによって毛が再生しにくくなるのです。

熱によって焼くことがないので、肌への負担や痛みはほとんどありません。
以前に子供が脱毛している広告を載せたのもカレンの脱毛器です。
実際に子供が施術をしても、痛みもなく肌に優しいということです。

さらにハイパースキン脱毛には嬉しい効果があります。
光を当てることによって、コラーゲンを作り出すのを助けてくれるので施術を繰り返すことによってお肌を再生してくれるのです。

ハイパースキン脱毛は今までのレーザーや光脱毛とは異なり、黒い色素に反応しません。
よってシミなどがあっても施術は可能だと思います。
しかし医師の意見をしっかり聞くのが大切だと思います。
ハイパースキン脱毛に使われる光の元などは専門家でないと理解するのは難しいと思います。
原理を考えると問題ないように思いますが、施術することができるというだけで肝パンを悪化させる原因にならないとは言い切れません。

青森で脱毛するならこのサイトが参考になります。
http://www.xn--32v75dfu2aqhu.net/